四半期統計(2018(平成30)年4~6月期)

2018年 7月27日リリース

プレスリリース
(―社)日本ロボット工業会
調査・統計部会

ロボット統計受注・生産・出荷実績
2018(平成30)年4~6月期【会員ベース】について

統計調査について

「ロボット統計受注・生産・出荷実績 2018(平成30)年4~6月期【会員ベース】」は、当会の月別統計調査を基に作成したもので、当会の正会員及び賛助会員対象企業31社のうち、回答企業31社による実績である。

なお、サービスロボットは調査対象外としている。

業況について

2017年の年間の集計結果は、国内需要が堅調であったことに加え、輸出はそれ以上の大幅な伸びを示した。会員と非会員を含めた年間受注額は対前年比27.8%増の9,447億円、生産額は同24.8%増の8,777億円と、それぞれ過去最高となった。

2018年1~3月期も受注・生産・総出荷各項目でプラスとなっている。

2018年4~6月期の受注・生産・出荷の各状況は以下の通り。

1.受注について

受注台数、額ともに前年同期比でプラスとなった。

受注台数(台) 60,613(前年同期比+6.7%) 【11四半期連続のプラス】
受注額(億円) 2,126(同+3.8%) 【8四半期連続のプラス】

(資料3)

2.生産について

生産台数、額ともに前年同期比でプラスとなった。生産台数は四半期ベースで過去最高。

生産台数(台) 58,031(前年同期比+4.6%) 【20四半期連続のプラス】
生産額(億円) 1,841(同+6.2%) 【8四半期連続のプラス】

(資料1,3)

3.出荷について

各項目ともに前年同期比でプラスとなった。国内出荷台数、総出荷台数は四半期ベースで過去最高。

総出荷台数(台) 56,778(前年同期比+3.0%) 【20四半期連続のプラス】
総出荷額(億円) 1,880(同+6.5%) 【8四半期連続のプラス】
国内出荷台数(台) 10,067(同+16.9%) 【5四半期連続のプラス】
国内出荷額(億円) 433(同+6.2%) 【19四半期連続のプラス】
輸出台数(台)46,711(+0.4%) 【20四半期連続のプラス】
輸出額(億円)1,447(+6.6%) 【7四半期連続のプラス】

(資料1,2,3)

3.1 国内出荷内訳

各項目ともに前年同期比でプラスとなった。

電気機械産業向け
国内出荷台数(台)3,000(前年同期比+6.8%) 【6四半期連続のプラス】
国内出荷額(億円)144(同+2.9%) 【6四半期連続のプラス】
自動車産業向け
国内出荷台数(台)3,105(前年同期比+17.8%) 【4四半期連続のプラス】
国内出荷額(億円)129(同+8.3%) 【5四半期連続のプラス】

(資料2,3)

3.2 輸出内訳

電子部品実装用は輸出台数、額ともに前年同期でプラスとなった。溶接用は主要輸出先であるアメリカ、中国向けなどが減少し、輸出台数、額ともにマイナスに転じた。

電子部品実装用
輸出台数(台)3,891(前年同期比+16.0%) 【8四半期連続のプラス】
輸出額(億円)604(同+19.6%) 【7四半期連続のプラス】
溶接用
輸出台数(台) 9,883(前年同期比▲4.9%) 【6四半期ぶりのマイナス】
輸出額(億円)250(同▲0.5%) 【6四半期ぶりのマイナス】

(資料1,3)

統計データダウンロード