ロボット産業需給動向 2020年版(産業ロボット編)有料頒布

概要

当会が毎年行っている、ロボットの生産・販売企業(輸入企業含む)を対象とした、マニピュレータ、ロボットに関する「需給動向調査」の調査結果がこのほどまとまった(サービスロボットを除く)。
この調査は、当会会員のほか、非会員も含めたロボット関連企業へ対して調査票を送付し、その集計結果をまとめたものである。
2019年(暦年)の産業用ロボット受注額は、対前年比15.7%減の8,117億円、生産額は、同14.6%減の7,783億円となった。詳細については、「ロボット産業需給動向 2020年版(産業ロボット編)」(2020年8月発行)を参照願いたい。

頒布価格(消費税込、送料別)

正会員 :1,800円

準会員:2,200円

賛助会員(法人):2,200円

賛助会員(個人):2,300円

一般:2,500円

お申し込みはこちら

目次

はじめに

1.世界経済の動向

 1.1 世界経済

 1.2 国内経済

2.ロボット産業の動向

 2.1 受注・生産・出荷

 2.2 需要産業別

 2.3 用途別

 2.4 構造形式別

 2.5 仕向け地別(輸出)

 2.6 2020年の見通し

 2.7 世界の産業用ロボット動向(国際ロボット連盟の資料から)

3.資料編

 〔1〕調査票回収状況

 〔2〕アンケート回答結果

 〔3〕マニピュレータ、ロボット及び応用システムの受注・生産・出荷・稼働推移

 〔4〕マニピュレータ、ロボット及び応用システムの需要部門別/構造別/用途別、受注・生産・出荷統計【会員+非会員】表データ2010(平成22)年~2019(令和元)年