機関誌『ロボット』最新号のご案内

最新号の269号では「実装技術動向」を特集しました。

本誌では年1回実装関連の特集を組み、その動向について取り上げています。

近年、コロナ禍などにより社会生活に大きな変化が生じた中で、社会課題解決へ先端技術を積極的に取り入れるべく、イノベーションの加速化の下、DX 実現へ向けた動きも活発化しています。
今号では、JEITA が取りまとめた「2022 年度実装技術ロードマップ」、「第10版 電子部品技術ロードマップ」について、実装技術、電子部品技術における各分野の動向の解説、今後の展望等の概要を紹介します。
また、実装装置メーカ及びユーザより、社会変化に対応したものづくり現場における知能化、自律化とともに生産性向上や高まる品質要求に向けた各社の具体的な取組みについて執筆いただきました。

今回、特集各編において将来へ向けた視点が随所に織り込まれた内容となっており、今後の展望についても注目いただきたいと思います。

機関誌『ロボット』最新号のご案内
機関誌『ロボット』最新号のご案内