HOMEロボットエンジニアリング業界活性化検討会議参加登録
ロボットエンジニアリング業界活性化検討会議参加登録
 主旨ご賛同いただければ、以下にて登録お願いいたします。
 基本的に、本ホームページを通じた情報収集及びディスカッションを主体とした検討活動が主体となります。

   登録情報の取り扱いについて
    登録いただいた情報については、(一社)日本ロボット工業会が責任をもって管理し、ロボットエンジニアリング
    活性化検討会議及びシステムエンジニア部会以外で使用することはいたしません。


は入力必須項目ですので、未入力の場合は送信されません。

貴社名
所在地 -

郵便番号のわからない方は こちら で検索してください。
連絡窓口ご担当者 氏名
所属・役職
住所 -

郵便番号のわからない方は こちら で検索してください。
TEL 半角英数で入力願います。
FAX 半角英数で入力願います。
メールアドレス
半角英数で入力願います。
既に所属されている業界団体等
本社以外の活動拠点所在地(県名、国名でOK)
国内製造・エンジニアリング拠点
国内営業・サービス拠点
海外製造・エンジニアリング拠点
海外営業・サービス拠点
システムの輸出比率(ざっと10%単位で可)
貴社ホームページURL
貴社が得意とする製造設備(複数可)

(経産省工業統計調査用産業
          ・品目分類に準じています)
食品・飲料製造設備
繊維・木製品・家具製造設備
紙・印刷関連製造設備
化学工業・石油/石炭製品製造設備
プラスチック・ゴム・皮・土石製品製造設備
鉄鋼・非鉄金属・金属製品製造設備
機械器具製造設備
電子部品・デバイス・回路製造設備
電気機機器具・情報通信機械器具製造設備
輸送用機械器具製造設備
その他製造設備


ロボットエンジニアリング業界活性化検討会議 アンケート
 頭記検討会議に趣旨賛同いただき、ありがとうございます。
 今後のロボットエンジニアリング業界の活性化につき、以下のアンケートにおこたえください。
 【1】【2】は皆様の事業状況や事業の方向性についてのアンケートです。お答えいただける範囲で回答ください。
 【3】は業界活動についてのアンケートです。エンジニアリング業界活性化のために工業会が実施すべき具体策を検討するために、皆様のご意見を伺います。
 
【1】貴社の事業トレンドについて
(1)リーマンショック以降の事業動向について(ひとつ選択)
さほどリーマンショックの影響は無く、業績好調が続いている
さほどリーマンショックの影響は無く、慢性的な不調が続いている
業績は回復しており、リーマンショック以前ないしはそれ以上の結果が期待できる
リーマンショックで落ち込んでから、回復には程遠い
その他
(2)顧客傾向について(複数選択可)
国内大口エンドユーザが主体
国内装置メーカが主体
継続リピート顧客が多い
固定客は少ない
海外からの引き合いが増えている
最終的向け先が海外の物件が増えた
その他
(3)商談の傾向について(複数選択可)
引き合いはあるが具体的な注文に結びつかないことが増えた
技術的に難しい引き合いが増えた
1社だけでは対応しきれない広範な技術を要する商談が増えた
特に商談の傾向が変化したわけではない
商談や引き合いの減少
その他
(4)円高の影響について(複数選択可)
円高の影響は無く、業績・収益は良好である
円高の影響により、業績・収益が悪化している
円高により、自社の生産拠点の海外移転を(行った)検討している
円高による顧客の海外移転により、何らかの影響が出ている
その他
【2】貴社の目指す方向について
(1)製品の方向(複数選択可)
顧客個々の要望に応えるよう機動力を発揮したい
製品を標準化して、販売しやすく手離れよくしたい
低コスト製品で競争に勝ちたい
オンリーワン製品・オンリーワン技術を目指したい
その他
(2)ねらう市場の方向(複数選択可)
用途・分野を絞り込んで、特化して極めたい
手広く様々な分野に取り組みたい
特に用途や分野を特化しないが、得意技術を極めたい
その他
(3)海外需要への取組み(ひとつ選択)
海外へも積極的に事業展開したい
海外展開をしたいが、当面は様子を見る
海外への事業展開は考えていない
その他
【3】日本ロボット工業会等の業界団体は今後どのような役割を果たすべきとお考えですか?
(1)情報の共有化活動
(ア)市場情報:ロボット市場の市況や産業界の動向、国内外の関連情報等 重要⇔不要
・日本ロボット工業会が保有するロボット関連の統計データや市況報告の公開
・関連する各種官公庁資料の紹介
・エンジニアリング企業の受注統計
・海外のロボット工業会の資料・報告書の紹介
・国内外のニュース
・その他の案、自由意見
(イ) 技術情報:各種の技術規格、共通基盤技術の動向、ロボット技術の動向等  
・ロボットの安全規格の内容及び検討の動向
・ロボットに関連する国際・国内規格の解説
・ロボットに関わる部品や情報系製品などロボット関連技術の動向
・日本ロボット学会の会誌特集、技術セミナーの情報
・海外の各種関連規格の動向
・その他の案、自由意見
(ウ) ビジネス必須情報:コンプライアンスに関わる法規関連  
・ロボットの安全関連規則、その他関連する法規や考え方など
・輸出管理に関わる解説、動向など
・その他の案、自由意見
(エ) 行政情報:関連する政府施策や行政報告書の解説  
・税制優遇措置・補助金制度など国家政策の解説および動向
・国家プロジェクトや行政が主催する個別の委員会活動などの情報公開
・その他の案、自由意見
(オ) 人材募集、講師派遣等
(カ) その他の案、自由意見
(2) エンジニアリング企業相互の情報交換・課題解決イベントの設定
(ア) エンジニアリング企業向けの講習会の実施
(イ)エンジニアリング企業の課題協議の場としてシンポジウムの開催
(ウ)エンジニアリング企業相互、あるいは有力エンドユーザの工場見学会の実施
(エ)具体課題に対する国内外の調査活動の実施
(オ)他の工業会、他国のロボット工業会との交流
(カ)各地方行政のエンジニアリング強化活動とのジョイントイベントの開催
(キ)政策への提言等の対行政活動
(ク)その他の案、自由意見
(3) 対外情報発信の場の設定
(ア) 各社のアピールおよびビジネスマッチングの場の提供  
・国際ロボット展、実装プロテックにおける企画展示等
・日本ロボット学会学術講演会におけるエンジニアリングセッション常設
・海外展示会における共同展示の主催
(イ)インターネットを活用した、各社PRおよび事業活動支援機能の展開
(ウ)その他の案、自由意見
(4) その他各種仲介、共同業務
(ア)各ロボットメーカ、関連機材の貸し出し仲介
(イ)各種申請業務支援
(ウ)海外保守活動や営業活動の支援
(エ)その他の案、自由意見
 
HOME English