科学技術連携施策群次世代ロボット連携群 活動紹介


■ 平成20年度講演会

■ 平成19年度講演会

■ 平成18年度講演会

■ 発表資料

■ 運営体制


紹介パンフレット(日本語版、英語版(pdf)

平成20年度シンポジウム資料集(2章まで(2MB), 3章(5MB) ,4章以降(6MB)

平成19年度シンポジウム資料集(抜粋編4MB)

■ロボット総合市場調査報告書 ―2005年度実績― (pdf,2MB)


⇒ 共通プラットフォーム技術説明に戻る



■ 平成20年度講演会
【1】 次世代ロボット共通プラットフォーム講演会
  ◆ 第1回講演会,9月11日神戸(日本ロボット学会学術講演会),95名参加
  ◆ 第2回講演会,12月5日岐阜(計測自動制御学会SI部門講演会),65名参加
【2】 環境プラットフォーム講演会&見学会
   2009年1月28日(水) 14:00〜17:00 
    次世代ロボット連携群 平成20年度第3回講演会/見学会 (約40名参加)
    「関西環境情報構造化プラットフォーム」
    ホテル京阪/ユニバーサル・シティー・ウォーク大阪
(参考)http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/02/12/1606.html
(参考)http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/09/1652.html
   2009年2月5日(木) 13:00〜17:00
    次世代ロボット連携群 平成20年度第4回講演会/見学会 (約80名参加)
    「神奈川環境プラットフォーム」
    パシフィコ横浜/ハウスクエア横浜
(参考)http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/02/10/1602.html
【3】 平成20年度シンポジウム(2009年2月26日アキバホール) 
(参考)http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/03/1643.html
(参考)http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/04/1645.html
⇒ 活動紹介に戻る



■ 平成19年度講演会
【1】 2008年2月22日(金) 14:00〜18:00 JAビル(東京大手町)
科学技術連携施策群 次世代ロボット連携群 平成19年度シンポジウム
「次世代ロボット共通プラットフォーム技術 〜今後の展望と課題〜」
【2】 2008年1月25日(金) 13:30〜16:00
次世代ロボット連携群 平成19年度第7回講演会/公開実証実験
「次世代ロボット共通プラットフォーム技術 −ロボットタウンの実証的研究−」
[講演会] 福岡ビジネス創造センター
[公開実証実験] ふくおかアイランドシティ中央公園(実験住宅)
【3】 2008年1月23日(水) 10:30〜13:00
次世代ロボット連携群 平成19年度第6回講演会/見学会
次世代ロボット共通プラットフォーム技術−施設内外の人計測と環境情報構造化の研究−
[講演会] ロボットラボラトリー
[見学会] ユニバーサル・シティ・ウォーク大阪
【4】 2007年12月22日(土) 10:00〜15:45
次世代ロボット連携群 平成19年度第5回講演会
第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会
システムインテグレーションフォーラム「次世代ロボット共通プラットフォーム技術」
広島国際大学 国際教育センター3階 (SI2007 AB室)
【5】 2007年12月1日(土) 13:00〜17:00
次世代ロボット連携群 平成19年度第4回講演会
国際ロボット展 日本ロボット学会セミナー
次世代ロボット共通プラットフォーム技術
−分散コンポーネント型ロボットシミュレータOpenHRP3−
東京ビッグサイト 会議棟6階 605号室
【6】 2007年10月23日(火) 15:00〜17:30
次世代ロボット連携群 平成19年度第3回講演会
次世代ロボット共通プラットフォーム技術−環境と作業構造のユニバーサルデザイン−
産業技術総合研究所 つくば第二事業所
ネットワーク会議室(本部・情報棟01306-2)
【7】 2007年9月17日(月) 14:00〜16:00
次世代ロボット連携群 平成19年度第2回講演会
SICE Annual Conference 2007ワークショップ
「次世代ロボット共通プラットフォーム技術」
香川大学 幸町キャンパス
(参考)http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/09/20/656.html
【8】 2007年9月13日(木) 9:55〜17:00
次世代ロボット連携群 平成19年度第1回講演会
第25回日本ロボット学会学術講演会展開セッション
「次世代ロボット共通プラットフォーム技術」
千葉工業大学 津田沼キャンパス
⇒ 活動紹介に戻る



■ 平成18年度講演会
【1】 2007年3月6日(火) 13:15〜16:40
次世代ロボット連携群『ロボット創造教育』シンポジウム
富国生命ビル28階大会議室
【2】 2007年2月16日(金) 10:00〜16:40
次世代ロボット連携群
平成18年度成果報告会「次世代ロボット共通プラットフォーム技術」
機械振興会館 地下2階ホール
(参考)http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/02/23/378.html
【3】 2007年1月26日(金) 13:00〜17:00
次世代ロボット連携群第3回講演会
「次世代ロボット共通プラットフォーム技術 −ロボットタウンの実証的研究−」
<講演会>ロボスクエア
<見学会>ふくおかアイランドシティ中央公園内実験用住宅
【4】 2006年12月15日(金) 15:00〜17:00
次世代ロボット連携群
第2回講演会「次世代ロボット共通プラットフォーム技術」
札幌コンベンションセンター
【5】 2006年9月15日(金) 15:00〜17:00
次世代ロボット連携群
第1回講演会「次世代ロボット共通プラットフォーム技術」
岡山大学 津島キャンパス
(参考) http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihu61/siryo4-2-5.pdf
⇒ 活動紹介に戻る




■ 発表資料
  次世代ロボット施策関連
【1】 村井健介,大久保明:「イノベーション25」で目指す次世代ロボット,第25回日本ロボット学会学術講演会,1I21,2007
【2】 村井健介,大久保明:次世代ロボットに向けた政府推進施策,SI2007,3A3,2007
【3】 井澤一朗:第3期科学技術基本計画における次世代ロボット施策,第24回日本ロボット学会学術講演会,2N11,2006
【4】 村井 健介,大久保 明:次世代ロボットに向けた政府推進施策,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp.2-5,2008
【5】 堀俊夫,大久保明:【基調講演】政府推進施策における次世代ロボットへの期待,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G2-01,2008

  共通プラットフォーム技術
【1】 佐藤知正,松日楽信人,大山英明:次世代ロボット共通プラットフォーム技術の進展,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp.1-10,2008
【2】 佐藤知正,松日楽信人,大山英明 : 次世代ロボット共通プラットフォーム技術の確立−情報構造化環境プラットフォームの開発−,ロボット,No.181,pp.1-6,2008.3
【3】 SI2007オーガナイズド・セッション : 次世代ロボット共通プラットフォーム技術,計測自動制御学会第8回SI部門講演会SI2007,3A1,3A2,3A3,2007.12
【4】 RSJ2007展開セッション : 次世代ロボット共通プラットフォーム技術,第25回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2007,1I11?1I18,1I21?1I26,1I31?1I36,2007.9
【5】 谷江和雄,松日楽信人 : 次世代ロボット共通プラットフォーム技術−情報構造化環境プラットフォームの構築−,日本ロボット学会誌,Vol.25,No.4,pp.17-20,2007
【6】 科学技術連携施策群,ロボット総合市場調査報告書(2005年度実績),平成19年3月
【7】 谷江和雄,松日楽信人 : 次世代ロボット共通プラットフォーム技術,第24回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2006),2N12,DS15 (2006)
【8】 谷江和雄,松日楽信人 : 次世代ロボット共通プラットフォーム技術の確立,ロボット,No.172,pp.35-37,2006.9
【9】 Tomomasa Sato, Nobuto Matsuhira and Eimei Oyama, Development of Common Platform Technology for Next-Generation Robots, Advances in Service Robotics, In-Teh(Publisher), 2008
【10】 佐藤 知正,松日楽 信人,大山 英明:次世代ロボット共通プラットフォーム技術の進捗,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G2-02,2008
【11】 松日楽信人:ロボット総合市場調査2005,ロボット,No.183,pp.18-21,2008.7
【12】 松日楽信人:【基調講演】ロボット・スパイラル・イノベーション,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G3-01,2008
【13】 佐藤知正,松日楽信人,大山英明:次世代ロボット研究開発のための共通プラットフォームの概観 ,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G3-02,2008
【14】 佐藤知正,松日楽信人,大山英明:次世代ロボット研究開発のための共通プラットフォームの概観 ,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G3-02,2008
【15】 佐藤 知正,松日楽 信人,大山 英明:次世代ロボット共通プラットフォームの技術と展開,計測自動制御学会第9回SI部門講演会SI2008,1L1-2,2008


  ロボットタウンの実証的研究
【1】 長谷川:ロボットタウンの実証的研究 −全体計画の概要−,第24回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2N13, 2006
【2】 山田,倉爪,村上,長谷川:ロボットタウンの実証的研究 −Level Set Tracking と複数レーザレンジファインダを用いた複数対象の同時追跡−, 第24回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2N16, 2006
【3】 山田, 倉爪, 村上, 長谷川:SIR/MCMC パーティクルフィルタを用いたカメラ・レーザセンサによる移動体追跡,第25回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 1I33,2007
【4】 羽田,高瀬:屋内大域位置同定システム(iGPS)を用いた複数台移動ロボットのナビゲーションの研究, 第6回ロボティクスシンポジア,pp.354-359, 2001
【5】 野辺,長谷川,村上,倉爪:ロボットの行動支援を目的とした分散ビジョンシステムによる移動体計測,第25回日本ロボット学会学術講演会予稿集,1I32, 2007
【6】 柴田,長谷川,倉爪:照度変化のある屋内環境における実時間人物追跡,第8回計測自動制御学会SI部門講演会講演予稿集,3A3-3, 2007
【7】 村上,長谷川,木室,千田,家永,有田,倉爪: 情報構造化環境における情報管理の一手法,日本ロボット学会誌, Vol. 26, No.2, pp.192-199, 2008
【8】 倉爪,戸畑,村上,長谷川: CPS-SLAM の研究 −大規模建造物の高精度3次元幾何形状レーザ計測システム, 日本ロボット学会誌, Vol. 25, No. 8, pp.90-98, 2007
【9】 T. Yokoya, T. Hasegawa, R. Kurazume, K. Murakami, “Calibration of DistributedVision Network in Unified Coordinate System by Mobile Robots”,Proc. IEEE Int.Conf. Robotics and Automation, ThA2.4, May 19-23, 2008
【10】 長谷川 勉:環境プラットフォーム「ロボットタウン」,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp23-26,2008
【11】 倉爪 亮・村上 剛司・木室 義彦・家永 貴史・馬場 伸一・殷 中翔ロボットタウンの共通プラットフォーム技術のメカニズム,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp27-31,2008
【12】 千田 陽介,有田 大作,足立 勝,横山 和彦:ロボットタウンでの屋内屋外ロボットサービスの実現,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp32-34,2008
【13】 長谷川 勉:ロボットタウン:環境情報構造化プラットフォーム,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G2-03,2008
【14】 千田陽介,家永貴史,有田大作,木室義彦,諸岡健一,橋爪誠,長谷川勉:電子タグと車いすロボットを使った病院環境の情報構造化,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G2-04,2008
【15】 長谷川 勉:ロボットタウン:日常生活空間でのロボット作業実験,計測自動制御学会第9回SI部門講演会SI2008,1L1-3,2008


  分散コンポーネント型ロボットシミュレータ
【1】 神徳,安藤,末廣,RT ミドルウェアを用いた分散コンポーネントフレームワーク,RSJ2006
【2】 山根,中村,分散コンポーネント型ロボットシミュレータにおける順動力学エンジンの計算効率,RSJ2006
【3】 川角,斎藤,ロボットシミュレータのプラグイン拡張可能なGUI フレームワークの開発,第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,3A1-6, 2007
【4】 中岡他,Gauss-Seidel 法の拡張による関節機構の接触/拘束力計算, 第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,3A1-3, 2007
【5】 安藤,金広,中岡,神徳,比留川,分散コンポーネント型ロボットシミュレータOpenHRP3--RT コンポーネントを用いた実機と可換な制御ソフトウェア開発機能--,日本ロボット学会学術講演会,1I23, 2007
【6】 中岡 慎一郎,山野辺 夏樹,比留川 博久,山根 克,川角 祐一郎:分散コンポーネント型ロボットシミュレータOpenHRP3,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp11-18,2008
【7】 安藤 慶昭,中岡 慎一郎,神徳 徹雄:分散コンポーネント型ロボットシミュレータ・アーキテクチャ---RTコンポーネントを用いた実機と可換な制御ソフトウェア\\開発機能---,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp19-22,2008
【8】 安藤慶昭,中岡慎一郎,神徳徹雄,比留川博久:RT コンポーネントによるOpenHRP3制御ソフトウエア開発 ―RT ミドルウエアを基盤とした分散コンポーネント型ロボットシミュレータ― ,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G3-03,2008
【9】 神徳 徹雄,比留川 博久,中岡 慎一郎,末廣 尚士,安藤 慶昭,中村 仁彦,山根 克,齋藤 元,川角 祐一郎:分散コンポーネント型ロボットシミュレータOpenHRP3,計測自動制御学会第9回SI部門講演会SI2008,1L2-5,2008


  施設内外の人計測と環境情報構造化の研究
【1】 西尾修一,宮下敬宏,神田崇行,山ア達也,萩田紀博,"施設内外でのシームレスなロボットサービスのための空間位置計測技術と環境情報構造化技術," 第25回日本ロボット学会学術講演会,1I12, 2007
【2】 宮下敬宏,神田崇行,西尾修一,山ア達也,萩田紀博,"室内外を移動する人にサービスを提供するための環境情報構造化法," 電子情報通信学会情報システムソサイエティネットワークロボット時限研究会, NR-TG-2-20, pp.43-47, 2007
【3】 宮下敬宏,Glas Dylan,石黒浩,萩田紀博,"レーザ距離計による適応型人形状モデルを利用した人追跡手法," 第25回日本ロボット学会学術講演会, 1I13, 2007
【4】 西尾修一,宮下敬宏,萩田紀博,"多カメラシステムによる人位置計測の稼働条件に関する考察," 第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,3A2-2, 2007
【5】 Kanda, T., Shiomi, M., Perrin, L., Nomura, T., Ishiguro, H. and Hagita, N.,“Analysis of People Trajectories with Ubiquitous Sensors in a Science Museum,”IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2007), pp.4846-4853,2007
【6】 西尾修一,岩井将行,神田崇行,宮下敬宏,萩田紀博,山ア達也,"人の位置計測に関する環境情報構造化プラットフォームの実現にむけて," SICE Annual Conference2007 WS01 次世代ロボット共通プラットフォーム技術, 2007
【7】 西尾修一,岩井将行,神田崇行,萩田紀博,"環境情報構造化プラットフォームのインタフェースと国際標準化の進捗状況について," 第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,3A2-4, 2007
【8】 山ア達也,篠沢一彦,西尾修一,萩田紀博,"人計測のための環境情報構造化共通プラットフォームの構築について," 第8 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,3A2-3, 2007
【9】 宮下 敬宏,神田 崇行,西尾 修一,萩田 紀博施設内外の人計測と環境情報構造化プラットフォーム,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp35-38,2008
【10】 西尾 修一,神田 崇行,宮下 敬宏,篠沢 一彦,萩田 紀博・山崎 達也関西環境プラットフォームの利用法,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp39-42,2008
【11】 西尾修一,宮下敬宏,神田崇行,山崎達也,萩田紀博:人の位置計測に関するロボットサービス・フィールドテスト環境―関西環境プラットフォームが利用可能に― ,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G2-05,2008
【12】 山崎達也,西尾修一,神田崇行,宮下敬宏,篠沢一彦,萩田紀博:けいはんな学研都市における関西環境プラットフォームの公開について,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G2-06,2008
【13】 西尾 修一,宮下 敬宏,神田 崇行,山崎 達也,萩田 紀博:ロボットサービスのための関西環境プラットフォームとその利用事例,計測自動制御学会第9回SI部門講演会SI2008,1L1-4,2008


  環境と作業構造のユニバーサルデザイン
【1】 大場,大原:ユビキタス・ロボティクス,日本ロボット学会誌,Vol.25,No.4,pp.21-24,2007
【2】 大場,音田:環境と作業構造のユニバーサルデザイン,RSJ2007 展開セッション: 次世代ロボット共通プラットフォーム技術,1I14,2007.9
【3】 音田,大原,冨沢,菅原,大場:環境構造化のための作業構造の解析について,RSJ2007展開セッション: 次世代ロボット共通プラットフォーム技術,1I15,2007.9
【4】 大原,菅原,李,音田,大場:ロボットの作業実現のための知識記述の検討, RSJ2007, 1C34,2007.9
【5】 冨沢,音田,大場:移動のための知識と環境構造, RSJ2007,1C35,2007.9
【6】 菅原,李,大原,音田,友國,金,安藤,大場:OpenRTM-aist-0.4.0 を用いたモバイルマニピュレータの基本コンポーネントの検討, RSJ2007,2I12,2007.9
【7】 菅原他:ロボットの作業を支援するための物理的な環境構造化に関する研究,SI2007,1C3-5,2007.12
【8】 大原他:人間とロボットの共存環境におけるビジュアルマークの提案,SI2007,1C4-2,2007.12
【9】 大場他:環境・作業構造のユニバーサルデザイン,SI2007,3A2-5,2007.12
【10】 吉見他:サーボレベルにおける作業構造のユニバーサルデザイン,SI2007,3A2-6,2007.12
【11】 大場 光太郎:環境と作業構造のユニバーサルデザイン,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp43-47,2008
【12】 辻 邦浩,和田 達也,園山 隆輔,松日楽 信人,横井 一仁,大場 光太郎:Universal Design with Robots座談会,日本ロボット学会誌,Vol.26,No.5,pp48-53,2008【13】大場光太郎:環境と作業構造のユニバーサルデザイン,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G3-04,2008
【13】 大場光太郎:環境と作業構造のユニバーサルデザイン,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G3-04,2008
【14】 吉見卓,西山学,大賀淳一郎,中本秀一,香月理絵:サーボレベルにおける作業構造のユニバーサルデザイン ―標準的なアーム制御RTC 提案仕様の改良― ,第26回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2008,3G3-05,2008
【15】 音田 弘,角 保志,冨沢 哲雄,李 在勲,金 容植,都 Rミン,金 奉根,谷川 民生,大場 光太郎:物理・情報的な機能補完単位を用いた環境構造化の方法について,計測自動制御学会第9回SI部門講演会SI2008,1L2-2,2008
【16】 冨沢 哲雄,李 在勲,金 容植,都 Rミン,角 保志,金 奉根,谷川 民生,音田 弘,大場 光太郎:異機種ロボット間のプログラム共通化を目指したソフトウェア構造,計測自動制御学会第9回SI部門講演会SI2008,1L2-3,2008
【17】 香月 理絵,西山 学,大賀 淳一郎,吉見 卓,菅原 淳,中本 秀一:異機種ロボット間のプログラム共通化を目指したソフトウェア構造,計測自動制御学会第9回SI部門講演会SI2008,1L2-4,2008
⇒ 活動紹介に戻る




■ 運営体制

 科学技術連携施策群次世代ロボット連携群は,コーディネータに三浦宏文(工学院大学学長),主監に故谷江和雄(首都大学東京教授),主監補佐に松日楽信人(東芝),事務局に井澤一朗参事官(情報通信分野),大山英明参事官付(平成17年度),小方一郎参事官付(平成18年度),村井健介参事官付(平成19年度)の体制で平成17年より始まり,平成20年7月から平成21年度3月までは,次のような体制で運営されました。

次世代ロボット連携群
    コーディネータ/主監:佐藤知正(東京大学教授)
    副主監:松日楽信人(東芝)、主監補佐:大山英明(産総研)

内閣府総合科学技術会議事務局
    大久保明参事官(情報通信分野)、堀俊夫参事官付(情報通信分野)

タスクフォース委員
    新井民夫(東京大学教授)
    徳田英幸(慶應義塾大学教授)
    藤江正克(早稲田大学教授)
    水川真(芝浦工業大学教授)
    長谷川勉(九州大学教授);平成20年度より
    比留川博久(産総研副部門長);平成20年度より


最後に,谷江和雄氏のご冥福を心よりお祈り致します。


⇒ 活動紹介に戻る




関連リンク
  RTミドルウエア

  OpenHRP3





独立行政法人 科学技術振興機構 科学技術連携施策群